2007年09月03日

なぜ、合コン・料理コンパなどで、うまくいかないのか?

まいど〜
ぶっちゃけ、「仕事よりも、人の世話よりも、そろそろ落ちつきたいんだよ〜!」と叫びたくなってきたgokonだよん〜
あまりに寂しくて、「他の人には見えない友達」が見えてきそうだよ(笑
もう、顔がボーっと見えてきているかも(笑

というわけで、本題なんだけど、なぜ、合コンなり、料理コンパなり、カップリングパーティーなりで、うまくいかない人が多いのかって話なんだけど、ぶっちゃけ、男女共に「理想だけが高くなっていること」が一番の原因だよね(こういう人達は一生独身だね。でも、一生独身も悪くないよ!オイラのオバサン、独女だよ!)
でも、それ以外にも、イロイロ、理由があると思うんだよね。
そのイロイロある中で、重要なのは、やっぱ「時間」だと思うね。

どういうイベントであれ、話したり、一緒にいたりできる時間って、5時間くらいでしょ。
この5時間の間に、「結婚できそうかどうか」を判断するわけなんだけど・・・まず無理だよね。
かといって、イベントの後に、食事したりしたとしても、それでも、まあ、20時間くらいじゃない?

一生を決める相手を、20時間で決めるって・・・ある意味スゴイよね。
というわけで、「時間」が足りないと思うんだよね。

「まだ、何か・・・納得できない!」という人のために・・・

合コンなり、料理コンパなりで、「いい感じかも〜」と思って、食事したとするね。
その食事のときに、相手が、機嫌を損ねる発言をしてきたら・・・それで、終わりの人も多いでしょ。
でも、同じ発言でも、昔からの友達なら、許せるんじゃない?

これって、何が違うのかというと、「イベントで知り合った人=人格がわからないから、言葉という表面でしか相手を判断できない」「友達=昔からずっと一緒だから、どういう人格がわかるので、言葉だけでは判断しない」じゃない?
てか、たった数時間、話しただけなのに、「この人とあわないかも」って判断できるくらい、人の心が読めるスゴイ人間なら、今頃、世界有数のお金持ちになっているよ。

というわけで、どんなイベントでも、お互いのことがわかるようになる時間が足りないわけ。
だからこそ、結局、職場で結婚したり、友達と結婚したり、婚活とは全然関係のない社会人サークルとかで結婚する人が多いと思うんだよね。
※)「友達からの紹介」と、(また覚えていたら今後書くけど)「メールのやり取り」が例外。

というわけで、料理コンパって、一過性の流行に終わって欲しくなくて、継続した教室みたいな感じのものも出てきて欲しいと思っている今日この頃。
婚活を失敗し続けてもらった方が、お金にはなるんだろうけど(まさしくオイラだね(笑、商売で一番美味しいのは、新聞みたく「継続契約」だからね。商売としても美味しくて、カップルもできてって・・・最高じゃね?
どこかの会社、やってくれ〜

ちなみに、この「時間が足りない」というのをカバーするために、「合コンは結婚につながるか!?」で書いたことなんだよ。
時間が足りないという欠点をカバーするために、「合コン→紹介」の流れを出すか、合コンの相手と友達になって、何度も飲み会を開くのかというわけ。

婚活中の人や、異性と出会いたい人にお勧めの無料PDFファイルです。
35歳、友達0人、仕事での出会いも0だったのに、わずか3ヵ月で、出会いが多すぎて、「もう異性とは会いたくない・・・」とまで思うようになった「出会いの技術」(体験談・実例付き)

◆合コン・mixiのオフ会・カップリングパーティ・出会い系サイト等に潜入して、その様子を暴露したレポートを公開しています!
出会い・潜入中!(PC用サイト)

応援、お願いします!1日1回クリックしてください。
人気blogランキング

ラベル:合コン
posted by gokon at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ 合コンについて考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。